メニュー 閉じる

新卒採用活動
どうすると採用成功できるのか?

エントリーが少ない

応募者が減った

内定辞退増加

会社説明会に来ない

新卒採用ご担当者様のお悩みを解決

中堅・中小企業のための新卒採用活動支援メニュー

新卒採用活動は、学生と企業の相互理解が基本ですが、そこに採用上の競合企業が存在していますので構造が複雑になります。更に、採用活動を取巻く環境は毎年変化していますので、こうした事柄を整理しながら、自社に適した採用活動手法を見つけることが大切になります。

ポイント1

新卒採用活動の流れを知る

A.企業を発見してもらう

学生は貴社を知りません。貴社が募集している事を広報し知ってもらうことが最初のステップです。

B.企業を詳しく知ってもらう

会社を認識してもその時点では志望企業ではありません。志望企業の1社になることが大切です。

C.応募を受付・学生を選ぶ

企業が学生を選考する場合、同時に学生も企業を選考している事を意識することが大切です。

D.内定者をフォローする

学生は不安と疑問の中で悩んでいます。内定者ひとり一人の疑問を取り除き不安を減らすことが大切です。

新卒採用活動をの基本的な流れは上記の図になります。但し、これまでは「A.企業を発見してもらう」と「B.企業を詳しく知ってもらう」の2つの間に、エントリー(プレエントリー)という行動がありましたが、昨今ではこの行動を行う学生は減少しています。その理由は、企業を詳しく知る方法が変わってきていることが要因で、マイクロモーメントと言われる行動がその背景にあります。

マイクロモーメントとは?

この言葉は、Googleが2015年7月に提唱した言葉になります。人が何かを知りたい、見つけたい、買いたいと思った時ににスマートフォンやタブレットに向かうその瞬間のことを表現しています。スマホが無い時代は、そのように思った「瞬間」は実際の行動に移すことなく立ち消えしてしまうことが多かったのですが、現在は手元にスマホがありますので、即座にアクションを起こすことができるのです。わざわざ家のPCの前に座って検索を開始する必要がないのです。就職活動においてもこうした行動変化により、「A.企業を発見した」その瞬間、もっと詳しく知りたいと思えば、スマホで検索を行い、詳しい情報を入手することが可能になっています。そのため、WEB上に掲載されている情報が重要になっており、その情報の質によって志望企業の1社に入るかどうか決まっていると考えられます。

学生の最新の就活動向を知る

人事採用担当者

新卒採用総括"20卒"学生動向と"21卒"への対応

学生の就活動向がこの数年大きく変化しています。ここでは、求人倍率、数色活動率、内定率、インターンシップ参加率、エントリー、会社説明会、ES提出状況、面接参加状況などを過去3年間のデータで分かりやすく整理しています。学生はどのような行動をいつ行っているのか?、そして3年間でどのような変化があるのかを知ることが重要になります。

ポイント2

各ステップで利用するメディアやツール・手法

A.企業を発見してもらう

代表的なメディア・ツール

  • 就職サイト
  • 就職サイトや各種団体が行うイベント(合同説明会など)
  • 大学内セミナー
  • 各種SNS情報
  • WEB・テレビ・雑誌広告など

B.企業を詳しく知ってもらう

代表的なツール・手法

  • インターンシップ
  • 個別の会社説明会
  • 自社ホームページ
  • web説明会(オンデマンド/Live)

C.応募を受付・学生を選ぶ

代表的な手法

  • ES(エントリーシート)
  • 適性検査(SPIなど)
  • 面接

D.内定者をフォローする

代表的な手法

  • 個別面談
  • 懇親会
  • 内定者情報サイト
  • 内定者アルバイト
  • オヤカク(親確)

各ステップで利用する主なメディアやツール・手法です。新卒採用活動を行う場合、この中から自社に合ったものを選択して組み合わせることが必要です。更に、各ステップの時期をいつ行う方を考え、組み合わせることで新卒採用プロセスをつくっていきます。こうした考えのベースになるのが、自社の「採用力」を知ることです。そのうえで、各ステップのツールや手法の内容を理解し組み合わせることが必要になります。

自社の採用力を知る

新卒採用総括データ

採用力=企業力×労働条件処遇×採用活動

採用力については、上記の計算式であらわすことができます。この数式を見ると、「企業力」の大きな企業が採用力が大きいとなりますので、中堅・中小企業の場合、既に大きなハンデキャップを持っておるとお感じになる方が多いと思います。もちろん、一定のハンデはありますが、重要なポイントは「採用活動」の部分です。この内容を創意工夫する事で、大企業にも勝つことが可能な採用力を持つことができます。

インターンシップをどうするか?

インターンシッププログラムの作り方

インターンシップの作り方

インターンシップの役割が新卒採用活動全体の中で大きくなってきています。しかし、いざ実施しようとすると、何をどのようにするか、採用ご担当者の中で大きな悩みの種になっていませんか。そこで、インターンシップの現状と作り方を整理していますので、ぜひ参考にしてください。

web説明会の活用が効果的

web説明会.netのサービス

中堅・中小企業向け 新卒web説明会サービス

365日・24時間 通年会社説明会開催する事で、インターン参加学生・インターンエントリー学生・地方在住の学生・Uターン学生など、これまでアプローチ方法で困っていたすべての学生へ会社説明会を届ける採用活動が可能になります。中堅・中小企業の新卒採用活動においてはweb説明会の活用が重要になっていきます。

応募学生の選考はどうしたらよいか?

自社に適した新卒"選考方法"を選ぶ

最適な選考手法とは、採用対象となる応募学生が「求める人材」であるかどうかを判断するための手法になります。「求める人材」は企業によって異なりますので、「求める人材」かどうかを判断するためには、本来、独自の手法を持つことが望ましいと言えます。ここでは一般的な選考方法の紹介とそれぞれの特徴を説明します。

内定辞退を防ぐにはどのような方法が効果的?

内定者フォロー

"内定辞退抑制"は"選考途中"に行う2.5次面接

内定辞退抑制の取り組みは、内定通知前に行うことが重要です。内定通知後は、主導権が学生側に移行します。内定者フォロー対策も大切ですが、本質的な”内定辞退”対策は、内定通知前に行うことです。”選考途中”の内定付与までのプロセスを強化することで、”内定辞退抑制”を実現します。

ポイント3

新卒採用ご担当者向けセミナー

新卒採用ご担当者向けに無料セミナーを開催しています。時期によってテーマは異なりますのでテーマ・内容をご確認ください。

新卒採用ご担当者向け無料セミナー9月開催のご案内

新卒採用ご担当者向け
無料セミナー9月開催のご案内

21卒採用の計画を立案中の方

21卒採用計画を企画立案中の方にオススメのセミナーです。インターンシップによる早期化と通年採用が本格化する中で、効果的なツールになるのが"web説明会"。実際にweb説明会の効果はどの程度なのか事例を交えながら新しい採用プロセスについてご紹介。

セミナー参加者の満足度
4.5/5
0

インターンシップの内容でお困りの方?

インターンシップの内容でお悩みの方はこちらのセミナーはいかがでしょうか。インターンに関しての狙いは企業によって多少異なりますが、最終的に採用活動の一環であることに変わりません。インターンシップをより強力なコンテンツに進化させませんか?

セミナー参加者の満足度
4.3/5
0

WEB説明会の選び方はご存知ですか?

WEB説明会の選び方は
ご存知ですか?

自社の採用活動に適した組み合わせで効果の最大化を実現しましょう

自社の採用活動に適した組み合わせで効果の最大化を実現しましょう

配信方法

Live配信

再放送配信

動画配信

×

運用方法

事前予約型

お届け型

オープン型

WEB説明会ラインナップ

WEB説明会.net

39.8万でWEB説明会を開始

WEB説明会.net_3種類のトップ画面

中堅中小企業様向けにWEB説明会をリーズナブルな料金で始められるパック商品になります。撮影型を基本にLive配信+録画型への変更も可能になります。 

WEBセミナーLive配信

8万円~視聴人数による料金変動なし

WEBセミナーLive配信を利用したい企業様に最適な商品になります。完全固定料金型になりますオープン型WEBセミナーLive開催を可能にします。

PLAIN60seconds

採用動画オールインワンパック

WEB説明会、先輩動画情報、動画選考、動画フォローなど新卒採用活動で利用する動画をオールインワンでリーズナブルにパッケージ化。Live配信もオプションで可能です。

新卒採用計画 20卒学生動向と21卒への対応

新卒採用計画
20卒学生動向と21卒への対応

21卒学生の4つの就活行動率月次推移前年比

20卒新卒採用は「19卒に比べ更に厳しくなった」と実感している企業様が多いのではないでしょうか。今回は、就職みらい研究所(リクルート)が発行する「就職プロセス調査」「就職白書2019」「ワークス求人倍率調査」からマーケットの変化を新卒採用総括として整理しました。21年卒採用はもちろん、22年卒採用を視野に入れながら今後の採用計画を考える参考になればと思います。

新卒採用サポートメニュー

企業を見る視点プログラム
学生が主体的に「なぜその企業が成長しているのか?」「競合他社との違いは何か?」などをテーマにグループで考えながら言語化していくプログラムです。

学生に約60秒のプレゼンテーション動画を作成してもらい、その動画を見ながらスクリーニングする選考システムです。60秒の動画テーマは 企業側で任意に設定できます。

学生が求める企業・仕事情報を写真とテキストで伝えるだけではなく、映像にすることで、よりリアリティの高い情報として発信することができます。

ウェブサイトの企画・制作・管理・運用
デザインとシステムの連携で最適なウェブサイトを制作します。CMS機能も様々ありますのでまずはご希望する要件をお聞かせください。

印刷物とウェブサイトのデザイン連携やQRコードを利用したメディアミックスなどツール全体を最適な形式で設計します。採用活動における課題解決をテーマにトータルで立案します。
採用活動の課題に合わせて最適な組み合わせをご提案しています。貴社に定期訪問する顧問型もご用意していますのでまずはお気軽にご相談ください

新卒採用サポートメニュー

企業を見る視点プログラム
学生が主体的に「なぜその企業が成長しているのか?」「競合他社との違いは何か?」などをテーマにグループで考えながら言語化していくプログラムです。

学生に約60秒のプレゼンテーション動画を作成してもらい、その動画を見ながらスクリーニングする選考システムです。60秒の動画テーマは 企業側で任意に設定できます。

デザインとシステムの連携で最適なウェブサイトを制作します。CMS機能も様々ありますのでまずはご希望する要件をお聞かせください。

学生が求める企業・仕事情報を写真とテキストで伝えるだけではなく、映像にすることで、よりリアリティの高い情報として発信することができます。
印刷物とウェブサイトのデザイン連携やQRコードを利用したメディアミックスなどツール全体を最適な形式で設計します。採用活動における課題解決をテーマにトータルで立案します。
採用活動の課題に合わせて最適な組み合わせをご提案しています。貴社に定期訪問する顧問型もご用意していますのでまずはお気軽にご相談ください