メニュー 閉じる
先輩社員インタビュー動画-02

WEB会社説明会のケーススタディ

インターンシップとWEB説明会を活用し応募学生を2倍へ

WEB説明会を利用して採用活動が変わった企業のケースをご紹介しています。

Case-03

インターンシップとWEB説明会を活用し応募学生を2倍へ

WEB説明会の利用ケース食品メーカー

企業アウトライン

  • 本社地域:関東エリア
  • 事業内容:食品メーカー
  • 勤務地域:営業系(全国)、技術系(関東)
  • 採用対象:営業系(文系)、技術系(理系院生)
  • 採用人数:25名(理系院生中心)
  • 採用実務担当者人数:2名

●企業理解系インターンの新規導入と対面型会社説明会の全廃で応募者増加に成功

課題解決ポイント

  • 1.企業理解・動機付けインターンシップ導入
  • 2.プレエントリー者全員へWEB説明会を24時間・365日配信

これまでの採用活動のポイントと問題点

採用広報

  • 就職サイト
  • 自社ホームぺージ
  • 学内セミナー
  • 各種イベント参加

インターンシップ

  • 未開催

会社説明会

  • 開催時期:3月~6月
  • 開催地:東京
  • 内容:企業の説明2時間と先輩社員からの仕事紹介

採用プロセス

  1. プレエントリー
  2. 会社説明会参加(参加必須)
  3. 本エントリー(ES選考)
  4. 選考会-複数回
  5. 最終面接
  6. 内定

採用課題

  • 会社説明会開催地が東京のみになっており地方大学の学生が参加しにくい
  • 本エントリーに必要なES作成にあたって学生への情報提供が不足しており提出にあたって壁になっている
  • インターンシップへの取り組みができていない

食品メーカーということで一定数のプレエントリー学生を集めることはできていました。しかし、その後応募へ進む割合が低く、プレエントリー者への動機づけを行うことがテーマでした。また、営業職は全国に勤務地があるため本来全国からの採用を実現したいのですが、採用スタッフのパワーの限られており対面型会社説明会は東京開催のみで地方在住学生には参加しにくい環境となっていました。

インターンシップで早期に学生との接点を持ち応募動機を醸成する

運営側のパワーが限られている問題や社員への負担も考慮し、開催地は東京のみで1Day開催で計画。内容を考えるにあたっては以下の3点をポイントにした。

  • ①学生にとって参加するメリットがある
  • ②企業理解を深めることができる
  • ③学生が主体性を発揮できたと感じる
インターンシッププログラムの狙い
特に2.3.が重要であり、企業理解を主体性を感じて深めることでその企業に対しての興味関心を高めることができ、このことは、動機付けを強化することにつながると考えたからです。

インターンシップ参加学生のコメント

社史をここまで詳しく見ることは、今回のインターンに参加しなければ思いつかなかった。各設問を考えるリズムが早く、常に頭をフル回転させるのがすごく面白かった。社員の皆さんが自分の仕事や会社に誇りを持っていて、私も一員になりたいという気持ちを強くしました。
公立大学
男性
今まで他社のインターンに参加させて頂きグループワークを体験しましたが、このような切り口のワークは初めてだったので大変斬新でした。スライドで説明をうけるだけよりも、ワークを通じて貴社の事を知ることができ、消費者ファーストで考えていることを実感できました。素晴らしい企業だと思いました。
国立大学
女性
最初は「1日のインターンで何が学べるのだろう?」と半信半疑でした。しかし、今回のインターンを通して会社の「方針」や「社風」は一つひとつ見事に異なっており、またその会社あった商品を世に出しているということを学ぶことができて非常に良かったと感じています。
国立大学
男性

リアル会社説明会の全廃

プレエントリー者全員にWEB説明会を提供

これまで東京会場のみで開催していた会社説明会を取りやめ、プレエントリー者全員へWEB説明会を提供するスタイルへ切り替えた。WEB説明会の視聴人数は、会社説明会開催時の数倍に増加。全国の学生が参加できる体制になった。

これまでの採用フロー

プレエントリー受付

会社説明会の予約

会社説明会参加証送付

会社説明会参加

東京開催

本エントリー(ES提出)

WEB説明会から本エントリーへ

プレエントリー受付

WEB説明会
視聴情報の送付

WEB説明会視聴

本エントリー(ES提出)

採用活動の成果と今後について

学生のプレエントリーから応募への移行割合が改善し

対面式の会社説明会廃止の悪影響は全くなく、プレエントリーから本エントリーへ進む学生は2倍以上増加している。中でもインターンシップ参加者が本エントリーへ進む割合は高く、インターン未参加者と比較して6倍となっており、インターンシップが動機付け効果を果たしていると考えられる。

WEB説明会はES作成のツールとして利用

ESの内容はあまり変えていないが、ホームページに加え、WEB説明会が情報源になるため、学生にとっての作成負担は低減し、WEB説明会を繰り返し視聴する事で企業理解度が高まっている傾向がある。

従来採用実績が無い大学から多くの内定者が出ている

技術系採用においては、従来採用実績がなかった地方国公立大学の学生を数多く採用できている。また事務系に関しては、過去関西以西の学生を採用できることが少なかったが、近年同地区の学生の採用が増加している。

WEB説明会ケース研究

Case-01

地方製造業の機電系採用で、WEB説明会Live1000名動員に成功

地方製造業の機電系学生採用のケーススタディ

課題解決ポイント

  • 1.インターンシップの内容見直しと強化
  • 2.WEB会社説明会動画配信とWEB説明会Live配信の併用
  • 3.後半戦はWEB説明会動画配信を利用したスピーディな採用プロセスの実現

Case-02

年間58回の会社説明会を全廃して新たな採用フローを確立

情報システム会社の新卒採用ケーススタディ

課題解決ポイント

  • 1.対面型個別会社説明会全廃
  • 2.WEB説明会をプレエントリー者全員へ配信

Case-03

インターンシップとWEB説明会を活用し応募学生を2倍へ

WEB説明会の利用ケース食品メーカー

課題解決ポイント

  • 1.企業理解・動機付けインターンシップ導入
  • 2.プレエントリー者全員へWEB説明会を24時間・365日配信

Case-04

地方製造業の機電系採用で、WEB説明会Live1000名動員に成功

新卒グループ採用のケーススタディ

課題解決ポイント

  • 1.親会社の採用力で子会社の採用力をサポート
  • 2.グループ各社のWEB会社説明会をまとめて公開
  • 3.WEB説明会のグループプラットフォームで子会社と学生接点を強化