就職活動費用負担 | 株式会社ビューポイントウェア|企業向けの新しい人材採用活動・研修教育プログラム開発・実施

就職活動の費用は平均16万2902円

交通・宿泊費の負担が自由な就職活動を抑制している

日経就職ナビの2016年度10月1日時点の就職活動調査(調査期間/2015年10月1日~6日)によれば、就職活動の費用は全国平均16万2902円となっています。中でも大きな負担になっているのが、交通費と宿泊費用となっており、九州・沖縄地区では、交通費と宿泊費用だけで14万円を超える負担となっている。Uターン就職やIターン就職に代表される住居地区と就職活動地域が異なる場合、就職活動において行動が制限されていることが考えられます。

51%の学生が奨学金を利用

「日本学生支援機構の奨学金」「日本学生支援機構以外の奨学金(給付・貸与等)のいずれか、または両方を受給した学生の状況は、平成26年で51%となっています。そのほとんどは、卒業後に返済の義務があり、借金による大学生活を送っていると言えます。そのため、卒業前から返済の計画を考えた生活になっており、倹約意識の中での活動になっています。

節約就活の中での学生の声

  • 私は地方生で、東京で就活していたので、地方との長距離移動費と在来線の電車賃を含めた交通費が一番かかりました。また、友人と一緒に部屋を借りてルームシェア生活をしていましたが、それでも部屋代が10万円以上、食費が10万円程度かかりました。 総額 ¥352,000

  • 地方学生の費用負担が大きすぎる。何度も往復する必要があり、非常につらい 総額 ¥220,000

  • 金銭面は非常に苦労しました。地下鉄2~3駅は基本歩くように心がけ、昼食代は弁当をつくり節約しました。 総額 ¥286,500

  • 複数社のセミナーやOBとコンタクトを取ることが求められ続け、交通費が異常にかかったように感じています 総額 ¥95,000

  • 入学式に買ったスーツがリクルート用だったのでそれを使った。途中でもう一着買い足した。Yシャツは3枚で運用、ストッキングは5枚で550円のものを何回も買った。一番大変なのは交通費。交通費が支給されない説明会や面接も多く、どんどん貯金が減った。 総額 ¥124,000

 

出典:10月1日時点の就職活動調査 2016年度 日経就職ナビ

調査期間/2015年10月1日~6日

2018年卒採用に向けて

就活の負担となる交通費や宿泊費を抑える工夫を提供することが必要です。
特にに意識すべき企業は、
  • UターンやIターン採用を実施する地方に本社を置く企業
  • 全国の理工学部学生を対象に採用活動を行う企業
  • 薬学生採用を行う薬局やドラッグストア
  • 全国採用を行う企業・・etc

次ページでは、2018年卒新卒採用成功への対策案についてご説明しています。

お問い合わせ
ご相談はお気軽に
TEL 03-5775-5737

平日9:30~19:00