主要記事薬学生の採用活動

薬学採用のためのベーシックプラン

新卒薬学生マーケット

薬学生の採用活動は採用マーケットの中でも最も難易度が高い市場の一つです。特に、薬剤師国家試験取得者を必要とする調剤薬局やドラッグストアにおいては、企業経営の根幹に影響を与えるテーマだと思います。ここでは、薬学生の採用市場と採用活動のポイントを紹介します。

全国で約9000名が薬剤師として誕生 その中で現役合格者は73大学6100名

データ:第100回 薬剤師国家試験合格者 大学別を都道府県で集計

このデータは、2015年3月に実施された第100回薬剤師国家試験合格者の大学別合格者を大学の所在地のある都道府県で集計したものです。約9000名が国家試験を合格していますが、その中で新卒者は6100名になります。また、薬学部がある大学の所在地は全国30都道府県あり、全国に点在しているのも特徴です。

薬局就職32%、一般販売業(ドラッグストア等)4.6%

データ:薬学教育協議会

2015年3月卒の薬学6年制の就職先は、

  • 薬局2846人(32.5%)
  • ドラッグストアなどの一般販売業405人(4.6%)
  • 卸売販売業62人(0.7%)
  • 病院・診療所薬局の2346人(26.8%)

調剤薬局・ドラッグストアの新卒採用ターゲットは、実質3300名になると言えます。(浪人組を含めると、国家試験合格者全体の中で約4000名が調剤薬局・ドラッグストアへ就職していると推測)

薬学生の就活の特徴と選定の基準7つのポイント

薬学生の採用活動や企業選択は一般の学生とは少し異なります。

1.勤務地に関して希望が強い傾向 自分が志望する勤務エリア内に店舗があるかどうか

一般の学生でも地元志向、一人暮らしを敬遠するなどの傾向はありますが薬学生は更にその傾向が強いと考えられます。第一に自分が希望する地域に店舗があるかどうかが大きなポイントです。勤務地になる店舗所在地を明確に広報することが重要です。

2.待遇条件(給与)を意識する学生が増加/奨学金を利用している割合が増加しておりその返済を考えて企業を選択する

薬学部の6年制以降の影響も有り奨学金制度を利用する学生が増加しています。そのため卒業後に奨学金返済ができるかどうかを考慮した企業選びが増加しています。企業側も国家試験浪人の学生を対象に個別に奨学金を融資するなど新たな囲い込み策が出ています。

3.入社後の教育体系への関心が高い スキルを維持・向上させたい

教育体系に対する関心度は概ね高いのが特徴です。教育体系の整備・充実は必須の条件と言えます。

4.調剤薬局、ドラッグストアについては、初期段階で志望が分かれるが、病院については最後まで併願

調剤薬局とドラッグストアへの就職に関しては、初期段階で志望が分かれる傾向です。あらゆる仕事を体験したいと考える学生群と調剤業務に集中したいというタイプに分かれます。但し病院調剤に関してはドラッグストア志望者も併願する傾向は強いのも特徴です。

5.平日は授業・試験・実習・卒論・研究・国試対策などで多忙

高校生のカリキュラムのようなスケジュールで過ごしているのが薬学生です。そのため就職活動の時間は限られ、平日夜や土日祝日、学校が休みの休暇期間が就職活動の時間になります。こうした状況を考慮した対応が必要になります。

6.エントリー企業数、会社説明会参加企業数は概ね少ない 受身の傾向が強い

日常が多忙なことに加え、国家試験があることで活動は大きく制限されます。また、大学によっては国家試験を最優先にすることで就職活動そのものを抑制しているケースもあります。その結果、一般の大学生と比較して、就職サイトのエントリー社数や会社説明会への参加回数等は少ない傾向です。

7.学生は全国にいる

薬学生採用活動は全国区で行うことが、一見すると不効率に見えますが実は効果的です。私立大学の学生は自宅からの通学比率が高いですが国立大学の学生は、一人暮らし比率が高くなります。これは、授業料と一人暮らしのコストの関係です。薬学部の場合、私立と国立では授業料が約3~4倍(2014年度 国立大学授業料:年間授業料535800円 私立大学:2年次以降の年間費用200万円前後)の開きがあります。そのため国立大学薬学部学生は全国から学生が集まります。そもそも採用ターゲットが少ない薬学生採用の場合、地方国立大学に在籍する一人ひとりの薬学生と丁寧に接点を持つことが地味な活動になりますが有効になるのです。

薬学生の採用スケジュール

薬学生はとにかく多忙な日常生活になっています。5年生の後半は22週間の実習がありますので、実習期間中は就職活動は厳しい状況になります。そのため、就職活動を行えるのは、休暇中または、週末の土曜・日曜が中心になります。

薬学生採用のベーシックなプラン

薬学生採用活動で効果的な手法が24時間365日自由に視聴できるWEBセミナー&動画活用

薬学生との接点強化が実現できます

  • 多忙な全国の薬学生が自宅や学校、通学中も利用できます
  • 年間を通じて活用できます
  • 採用スタッフの会社説明会運営の手間を減少できます

24時間365日WEB動画を利用することで、

  • エントリーしていない学生も貴社の詳細情報を知ることが出来ます
  • 企業を知った後に「先輩トーク会」「店舗見学会」「勉強方法」などのリアル接点を持つ流れにすることで一人でも多くの薬学生との接点を設けます