主要記事初めての新卒採用実務新卒採用実務のヒント新卒採用計画立案方法

採用プロセスが変わる

中小企業や地方企業にとっては厳しい新卒採用環境になっていますが、その解決策として”予約不要のWEBセミナー”の活用が重要な要になっていきます。WEBセミナーというと、大手企業に効果的、中小企業にとっては効果が低いという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、その多くは事前予約型のWEB説明会を指しているように思います。

事前予約型のWEBセミナーと予約不要のWEBセミナーでは、視聴対象者が全く異なります

予約学生 VS 企業情報を発見したすべての学生

%e5%9b%b32

上記の図のように、事前予約型のWEBセミナーの対象は、これまでの会社説明会予約者とあまり大きな違いはありません。通常の説明会と異なり、会場へ行く必要がありませんので、地域的な問題は解決していますが、事前予約を行うという壁は残ります。

一方、予約不要のWEBセミナーの場合、興味・関心があれば誰でも視聴参加できるという点が大きな違いです。予約の必要がありませんので、個人情報を事前に提供する必要がないのです。ほんの少しの興味や関心レベルでも、気軽に視聴や参加することが可能になります。

採用プロセスを逆転させる

採用活動のためには、とにかくエントリーを集めて、会社説明会参加学生を確保することが採用成功に向けて重要であると考えている方が多いのではないかと思います。しかし、昨今の環境の中ではエントリーや会社説明会への参加数は相対的に減少しています。こうした中で、エントリーを確保するためには、多額のコストがかかります。

仮にコストをかけて、エントリー者を確保しても、こうした学生たちの自社に対しての認識や興味度は低い傾向になります。

そこで、これまでの発想を逆転させ、会社説明会を先に見てもらい、その結果、興味・関心のある学生に応募してもらうという考え方が大切になってきます。予約不要のWEBセミナーは、こうした逆転のプロセスを可能にする手法になります。

「事前予約型のWEBセミナー」の採用プロセス例

%e5%9b%b33

「予約不要のWEBセミナー」の採用プロセス例

%e5%9b%b34

予約不要のWEBセミナーを活用する場合、採用プロセスが逆転していることがお分かりいただけるのではないでしょうか。この手法により、興味を持った多くの学生に貴社の情報を届けることが可能になります。

エントリー・会社説明会予約時にある壁を取り除く

個人情報に対する意識や就活期間の短期化などの影響より、エントリーや会社説明会予約時、これまでより慎重な行動をとる傾向があると感じています。

学生は就職サイトをはじめ様々な手法で企業発見・企業研究を行っていますが、興味関心を持つ企業を発見した場合、

「エントリ-する」「予約する」という行動から、「詳しく検索する」「評判を検索・確認する」といった、これまでとは異なる検索行動が増えています。

こうした行動の変化に対応するためには、学生の行動を先回りし、貴社の情報を用意することが賢明です。

その代表例が「予約不要のWEBセミナー」になります。(もちろん、自社WEBサイト上で情報を充実させることでの代替も可能ですが、写真とテキストの情報では限界もあります。)

学生はこの時点で、エントリーや予約は必要ありませんから、安心して「詳しく知る」といった行動がとりやすいのです。

気軽にWEBセミナーへ参加・視聴することからスタート

予約不要のWEBセミナーを導入する場合、採用プロセスを変更する必要があります。最初にWEBセミナーが来ますので、リアルの会社説明会コンテンツは必要なくなります。代わりに、学生の疑問や質問に回答する「質問会」や「先輩社員との相談会」などが次のステップとしては効果的です。

また、WEBセミナーで一定の志望度に至った学生の場合、そのまま選考へ参加してもらうことも可能となります。

このように予約不要のWEBセミナーを活用することで、新しい採用広報活動を実現し、いままで参加しなかった新しい学生群を集めることが可能になります。


新卒採用活動のためのWEBセミナー関連資料をご希望の方へお届けしています

下記フォームに必要事項記入の上送信をお願いします。

    

必須ご希望の資料
必須会社名
必須お名前
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須お電話番号
ご質問・ご相談・ご要望など自由記載欄

お手数ですが下記にチェックを入れて、「送信する」をクリック願います。