学生が自ら考える事で気づく・発見する

企業を見る視点プログラム

企業側からの説明を聞いて理解するのではなく、学生が対象企業の経営者や社員になったつもりで、事業や仕事・働き方を考え特徴や強みを整理していきます。 こうしたプロセスの中で「発見する」「気づく」瞬間を体験することで、対象企業への共感性・親和性・興味関心を高める内容です。インターンシップの体験プログラムや会社説明会のコンテンツとして効果的です。

企業を比較する

気づき・発見の技術

  1. 「2社の企業」を比較(相対化)する
  2. 企業のアウトラインではなく、ディテールに注目し比較する
  3. 個人ワークとグループワークを組み込むことでグループダイナミクスを活かす
  4. 言語化することで意識の中に強く印象を残す
  5. ゲーム的要素を取り入れることで集中度を高める

ある特定のもの比較して見ていくと、両社のディテール(微妙な違い)が見えてきます。このディテールに注目して両社の事業や働き方・風土の違いを明らかにしていきます。その企業の特徴・強みを強く認識することができます。

●価値判断と事実判断

人間は「思い込みや」や「先入観」で勝手な判断をしています。そこで価値判断を解除し、『事実』に注目させます。価値判断を解除するための手法として、「ゲーム形式」を導入し「正解は無い」というルールを設定します。

●比較する

通常、1社の企業情報の『事実』を見てもその特徴はよくわかりません。そこで、一見すると同じような2社を比較するという手法で、類似点・相違点が 見えるようにします。特に相違点に注目することで、対象企業の特徴が際立って見えてきます。同時にその相違点が見えることで、様々な仮説を立てることが可能になります。

3時間のプログラム型式

進め方

  • 個人ワーク、グループワークを行い解説を確認する流れで進行
  • 実施可能人数は数名からも可能です。適正人数は12~48名程度を推奨
プログラム進行の流れ
 

素材はご利用企業に合わせたオリジナル制作

素材企業を企画制作

このプログラムの素材は、各企業に合わせてオリジナル制作になります。素材企業は「ご発注企業様」と「ご同業または類似業種」の2社制作します。 プログラム内では両社とも架空の社名とし、同業や類似企業の情報については、参考にしながらも一部変更を加えて作成しております。同業や類似企業に関して は、ご相談の上プログラムの上効果の高い素材としております。

プログラムの焦点

事業そのものの強み特徴と働き方(仕事内容を含むます)に焦点を当てた内 容です。

社内講師で進行することが可能

資料を元に進行シナリオの制作を行います。スライド資料と配布資料の使い方、進行の流れを確認することができます。資料完成後、導入ガイダンスを行います。

進行コーディネータ派遣

社内講師の日程が合わない場合や初回は任せたいといったご要望にお応えするため、コーディネータの派遣も行っています。

資料請求・お問合せ

お問合せフォームからご連絡をお願いします。通常1週間程度でメールまたは郵送にてお届けしております。土日祝日や休暇期間に入った場合1週間以上お待たせする場合がございます。どうかご了承願います。

お急ぎの方は、下記お電話にてご連絡をお願いします。

<連絡先>

株式会社ビューポイントウェア

〒107-0062 東京都港区南青山1-15-15-6F

TEL 03-5775-5737

受付時間 平日9:30~18:00

mail info_01@vpw.co.jp

お問合せフォーム