「教える」から、「自ら考える」ゲーム要素を取り入れた階層別研修プログラム | 株式会社ビューポイントウェア|

階層別研修プログラム i-thinkシリーズ

「教える」から、「自ら考える」ゲーム要素を取り入れた階層別研修プログラム

考えることが楽しいと感じること。この感覚を大切と考えているのが、 VPWの提供する「i-think」シリーズです。

自分で考え、創造することはとても楽しいこと。その瞬間、見ている世界がぐんと広がります。

そして、複数の人間と考え方を共有することで、 更にその世界は広がっていきます。

それを手助けする手法がゲーム形式です。

この手法を使うことで、本来人間が持っている力が活性かし、これまで気づかなかった発想が、一人ひとりの中で広がり始めます。

ithinkプログラムの狙い

自ら行動できる人材を育成する

  1. 自ら考える力(考え方)を強化する

  2. 経営全般の高い視点を持って考える力をつける

  3. 様々なシーンで起こる葛藤の中で、自らの意見や考えを明確にし、決断する力をつける

職場で起きている問題点の例
顧客を取り巻く状況
仕事の工夫や改善に対する取り組み
社内での会話の内容

i-thinkシリーズは、こうした問題が発生している職場において効果を発揮します。中堅社員、管理職、経営幹部など各階層によりテーマは異なります。各企業様の状況を確認させて頂き、最適な処方箋をご提案させていただきます。

プログラムテーマの一例
テーマ1 事業戦略

事業戦略は、経営の根幹となる大切なことだということは知っていると思います。 同時に、なんとなく難しい内容だと感じたり、自分とは直接関係がないと感じている方も多いかもしれません。このプログラムでは、事業戦略の基本と戦略実現のための働き方について、ケース企業を使って整理します。 ケース企業の中で見えた様々なポイントを使い、自社についての戦略と働き方を整理していく内容です。
個人ワーク、グループワーク、全体共有を繰り返しながら、自ら考えることを楽しみながら進めていきます。

テーマ2 企業の成長と変革

新規事業強化、既存事業の変革、事業統合など、事業が変化する最大の要因は環境変化です。こうした中で、成長を続けるために大切なことは何かを考えます。 プログラムの前半は、「組織成長のポイント」というフレームを理解しながら、モデル企業が成長し続ける要因を整理していきます。持続的に成長するために必要なものは何かを見ていくことで、基準を明らかにします。 後半では、自社を見つめながら今後の成長を考えます。

テーマ3 判断する基準

人が物事を判断するように、企業も判断をしています。その判断の結果が現在であり、これは過去からの継続の中で積上げられたものなのです。人においては、判断の基準を「個性」「らしさ」といった言葉で表現するのではないでしょうか。企業においてもそれは「社風」「雰囲気」といった言葉に近いのだと考えます。このプログラムではその本質にある判断の基準を見つめる内容になっています。

研修プログラム概要

i-thinkプログラムは、企業それぞれの問題を確認させていただき、課題・問題を解決するための最適なソリューションプログラムを用意します。対象者やテーマにより、プログラム運営手法も、グループワーク形式、ファシリテーション形式を使い分け最適なプログラムに仕上げていきます。

主な実施対象者

  • 中堅社員
  • 管理職
  • 経営幹部

実施形式

  • グループワーク形式:対象人数/12~36名
  • ファシリテーション形式:対象人数/4~7名

詳細につきましてはご相談させていただき、最適なプログラム構成をご提案させていただきます。

プログラム参加者のコメント/感想

中堅社員クラス

  • 事業競争優位性を見ることで、今現在、そして今後の目指す位置を明確にできることが研修を通じて理解できた。
  • 会社の経営者として、事業や戦略、組織などはどのようにみるかについてイメージがわかりました。充実かつおもしろい研修で少し元気になれました。
  • 自分が置かれている立場、現状などを振り返り改めて様々な状況で他の皆が仕事をしていることが分かった。また、その状況において考える事も違っているので色々な意見も聞けて参考になった。

管理職・幹部クラス

  • 我々の横の連携が大切。連携ということで、今以上にお互いを知るということのきっかけを作った場でもあったのかなと改めて感じました。
  • 事業計画達成するには、個々に社員のエネルギーを引き出す必要があり、本日の研修は社員のエネルギーを(モチベーション)をいかに引き出すかを考えさせるものがありました。
  • 人(会社)は基準を持って判断している。それには、明確な基準(思い)がある事をあらためて知ることが出来た。
  • 過去に自分が面白いと感じた瞬間を振り返ることにより、もう一度モチベーションをいかに上げるかを考えることによって、今後部員のモチベーション向上にもつながると思います。

i-thinkプログラムのご相談・お問い合わせ

下記電話・メール、またはフォームよりお願いします

株式会社ビューポイントウェア

〒107-0062 東京都港区南青山1-15-15 乃木坂パークフロント6F

TEL 03-5775-5737(受付時間 平日9:30~19:00)

メールでのお問い合わせ info@vpw.co.jp

お問い合わせ
ご相談はお気軽に
TEL 03-5775-5737

平日9:30~19:00

計測タグ